あなたのホームページ名
  1. >
  2. 犬と猫の飼い方の違い

犬と猫の飼い方の違い

私は犬と猫、両方飼ったことがあります。どちらもペットとしてはポピュラーですが、もちろんそれぞれ飼い方や特性は異なります。

アウトドアでペットと一緒にお出かけしたいという方は犬がおすすめです。犬はお出かけが大好きです。

しかし、犬は縦社会の生き物のため、しっかりしつけをし上下関係を認識させないと、自分が偉いと思い込み、とってもわがままになってしまいます。

そこが犬の難しいところです。

一方、猫はインドアの方におすすめ。ずっとおうちでゴロゴロしながら戯れたい方には最適です。

猫は犬とは真逆で横社会の生き物であるため、しつけをする必要がありません。

トイレもすぐに覚えるし、毛づくろいで自分の体を綺麗にできるため、基本的には、お風呂に入れなくても大丈夫。

そのためペット初心者の方でも猫は飼いやすいと思います。

癒しの存在。

犬を飼っています。もう家族同然で、休日にどこか出かける時も、旅行に行く時もいつも誰かと一緒です。何か嫌なことがあった時は、ペットの犬に話を聞いてもらったりして、本当に癒しの存在です。隣に寝ているだけで、ストレスが無くなっていくような感じがします。全力で愛情を表現してきてくれるので、とっても可愛いです。日中お留守番をさせてしまうことがあり、可哀想ですが帰ってきた時に飛びついてきてくれるのがたまらなく可愛いです。

猫は可愛い所がいっぱい

私は猫を飼っています。

猫は自由気ままですが可愛い所がいっぱいあります。

ツンデレなところがまた、たまらないです。

構ってくれないと甘えてくるけど構いすぎると噛んだりしてくるところとか可愛いです。

犬は飼い主に忠実で猫は違うって思われがちですがそれは飼い方にもよります。猫は家につくと言われますが

私の猫は私についてきます。引っ越しするのに元の家を離れなきゃいけなくて、猫も一緒に連れてきたのですが

ちゃんとついてきてくれました。

猫の歯肉炎?カリカリでは効果なし?対策は?

7歳の猫を飼っています。

先日病院にワクチン接種をしにいったところ、軽い歯肉炎と診断されました。

餌はカリカリだったので、歯肉炎とは無縁だと思っていたのですが全く関係ないそうです。

歯肉炎が悪化すると歯周病になり、結果として歯が抜けて食事に支障をきたす場合もあるそうです。

医師より処方された乳酸菌を8日間与えたところ、炎症は治まりました。

しかし、今後も与え続けたほうがいいのか、様子を見るべきなのかは少し悩みます。

とりあえず、今できることは歯ブラシやマッサージを欠かさないことだと思いました。